フルオート・ショットガンの最安値 2018年度

サバゲでは禁じ手になりかねい銃です。初速もコン電や電ハンみたいな感じでしょうか。気になる性能ですが…CYCの0.2・純正バッテリーで使用。

1月8日 オススメ商品!

2018年01月08日 ランキング上位商品↑

フルオート・ショットガン東京マルイ・AA-12 電動フルオート・ショットガン

詳しくはこちら b y 楽 天

。ちょっと気になる点があったので以下にまとめます1.マガジンリリースボタン個体差だと思いますがちょっと渋めに出来ているようでマガジン挿入時に結構な引っ掛かりがありました。また!アイアンサイトが大きいため!ライフルバッグに入りきりません。ただ純正マガジンだとあっと言う間に玉が無くなり、無くなりすぎるのでメインにはなりにくいですかね。リコイルガンではないですが!フルオートにするとリコイル的な反動!と言っても次世代に比べれば遥かに弱いですが!マルイハイサイクルみたいな反動といえば分かるでしょうか?があり撃ってる感じがして面白いです。サバゲで使う場合は距離が広いほど強力なんじゃないでしょうか?30メーター付近での弾の散りが大きいんで!フルオートで撃つと広範囲を蜂の巣にできますね。撃てばわかります。まだ、室内でしか撃ってませんが、3発同時発射はサバゲでは有効そうですよね!ただ、ドラマグが発売されるまではゲームで使いづらいかも。思ったよりは、飛距離もあり良い出来です。フルで撃つと1マグ3秒で撃ちきってしまいますし(笑)お店の対応が相変わらず早く、発売が決定してから予約しましたが、当日入手できました。マガジンリリースをしても自重で落ちて来ない物もあります。(これはマガジン側の個体差のせいかも?)あまり勢い良くマガジンを挿入すると(マガジン側が)壊れそうでちょっと心配。ミニSバッテリー収納スペースは少し余裕があるので!別メーカーの容量アップ品なども入れられそうです。点ではなく面での制圧が楽しめそうです。手持ちのケース(W90-120サイズ2本収納可)にマガジンを抜いた状態で入れたら結構ギリギリな具合だったので!ケースはよく採寸して選んだ方がいいと思います。【一部レビュー追加】同時3発発射のフルオート射撃は圧巻の一言!紙ターゲットがあっという間に穴ボコになりますw新機構&初期ロットという事で少し不安がありましたが!野外レンジでノーマグ20本分の試射をしても特に異常はありませんでした。ロックが解除されると蓋がポロッと取れるため、蓋の紛失に注意が必要かも。飛距離はスタンダートの電動ガンより!やや落ちます。微調整に若干手間取りますが!これはいくらでも調整が利くので!気持ち多めに強側へ回せば問題無いかと。3.HOP調整ツマミが逆戻りするこれはパッキンの抵抗なのか分かりませんが!HOP調整ツマミを強側に回すと少し弱側に戻ってきてしまうように感じます。2.バッテリー収納部のロックレバーレバーはクリック感があり操作が非常に簡単ですが!サバゲーで使う際服や装備にレバーを引っ掛けちゃうとロックが外れてしまいそう。しかも最安でした!!予約段階は2000円安かったんで、お買い得で良かったです。ドラムマガジン必須な一品ですね!追記ドラムマガジン購入後は快適にばら撒き出来て楽しいです。マルイの新技術満載の初版なんで不安でしたが、とりあえず問題なさそうです。連射サイクルはやや遅め。7.4Vリポなら多分壊れることは!ないと思うんですがね。エアコッキングのショットガンに比べると弾が散りやすいようです。事実!使用禁止のフィールドが増えてるんで!サバゲメインで使う人には必ずしもオススメと言う訳ではありません。剛性は高そうです。4.ライフルケースに入りにくいアイアンサイトが大きいので、銃の高さが他よりも高いです。ゲームに使用する場合は別売りのドラムマガジンが必須な気がします。外装はプラですが重いです。やや遅く感じます。しかしながら付属のノーマルマガジンでは話にならないですね。手に持った感じは重く感じますが、構えてみると特に違和感無し。やはり三発ってのが凄い。搭載されてるFETの性能が未知数なんで純正バッテリーを使用してますが!勇気がある人はリポバッテリーを使用して下さい。。一度に3発が同時に飛んでゆく電動ガンはやはりオモロイです。ノーマルマガジンは大きいのでポーチへの収納は大変かもしれません。マルイの純正弾を使えば!エアコッキングレベルかもしれません。個人的には相手が使用してきた時の対抗手段として買いましたが。お店の対応も早く良かったです。